アサイ?フカイ?

カテゴリ:201405四国( 19 )

WRで四国の旅18 田村神社と谷川米穀店

iPhoneナビが使えることが分かり、次の目的地までも使っていた。
すると、なんどもスリープ状態になった。
それでも使っていると、赤い温度計マークが出て高温注意の文字!
げっ! こんなの初めて見た。
気温が上がってきてタンクバック内が高温になりすぎたんだな。
すぐに胸ポケットにしまいバイクを走らせ空冷で冷やす。
そしたら復活しましたw 壊しちゃったと思ったよw

a0098864_2028452.jpg
田村神社。

a0098864_20283114.jpg


a0098864_20284794.jpg
写真を見て分かる通り、ここ、境内にいろいろなものが置いてある。ちょっと置きすぎと思うが、これも特徴ということでいいのかなw

a0098864_2029036.jpg
一の宮とは、その地域で一番有名な神社の事かといえばそうではない。
香川の一の宮は金毘羅さんとかではなく、ここ、田村神社。

a0098864_20291898.jpg
本殿。

a0098864_20293169.jpg
御朱印いただきました♪

四国の一の宮は少なく、全部で4ヶ所。
しまなみの大山祇神社は以前に御朱印を頂いているので、今回の旅で四国一の宮の御朱印は全て頂いたこととなる。

さてと、高速に乗るにはまだ少し時間があるので最後のミッションを追加する。

うどん行くよ!w

高松空港を通り過ぎ、山道を走りどんどん南下。
お世辞にも開けてるとはいえない場所にそのお店はある。

a0098864_20294799.jpg
谷川米穀店さん。
ここ、テレビで大行列してたの見たことあるw
ワクワク♪

a0098864_2030513.jpg
オープンしてるのは二時間だけ。しかも、うどんがなくなり次第終了。

冷たいの小、たまごを注文。

a0098864_20302039.jpg
きた!
このツヤ、奥にのぞくたまご。こんなの美味しいに決まってるw

a0098864_20303852.jpg
店内はほぼ満席、開いてるテーブルに相席させてもらう。

醤油ををかけネギを載せ頂きます♪

ぎゃ〜!うまい!www

そして値段はたまご入れて200円!www

a0098864_2030572.jpg
そろそろほんとに四国の旅の終わり。
徳島道へ向かう。
失敗したのは徳島道が神戸淡路鳴門自動車道と接続していなく途中で降ろされETC割引を少し損をしたことw

a0098864_20311331.jpg
上りの淡路SAに入ったのは初めて。明石大橋をこちらから渡るのも初めて。

a0098864_20313318.jpg
WR、今回もよく頑張ったな。ほんとお前はいいやつだよ。
最後にもう一仕事、残り600kmぐらいか、横浜まで頑張ってくれよな。

明石大橋を渡る。
ETC深夜割引を使うため、横浜のインターを降りるのは0時を回ってからでいい。
のんびり時間調整もしながら、長い高速道路を東へ走るのだった。

最終日のGPSログはこちら

おしまい
[PR]
by keen44 | 2014-06-04 21:39 | 201405四国

WRで四国の旅17 金毘羅さんと須崎さん

a0098864_230835.jpg
おっはー♪
朝起きたらまずは散策。
ジェベル乗りの方もキャンプしてた。

a0098864_2302743.jpg
こんなかんじの川沿いにキャンプ場はある。

歯を磨いて顔を洗ったら撤収。さっさとテントを畳む。そして昨晩から我が家感覚となっているデイリーデリへGO!(笑)

ほんとうはもう一日ここで連泊予定だったのだけど、回ろうとしていた場所を今日でほぼ回れそうだし、仕事の連絡が3件ほど入ってきていた。
よって、今日が旅の最終日にすることにする。

a0098864_2305212.jpg
下道からの人は別の駐車場があり、ここからSA内に入る。

a0098864_2311186.jpg
朝食。快適♪

a0098864_231479.jpg
32号を北上。金刀比羅宮へ。

a0098864_232973.jpg
げっ!まだ階段…

a0098864_2323084.jpg
だいぶ登ったぞ。

a0098864_2325324.jpg
げっ!まだなの?!
あとから聞いたらここで上るのを断念するひとも結構居るらしい。

a0098864_2331414.jpg
ほんと階段の距離が半端ない。
もう一度上る気は無いです(笑)

a0098864_2333883.jpg
緑と屋根がステキだな。
と一瞬思うが、すぐに階段もうイヤって思いが戻ってくる(笑)

a0098864_234659.jpg
はいはい、ここまで来たら最後まで登りますよ的な(笑)

a0098864_2342520.jpg
着いた〜!
1時間はかからなかったが、それに近いぐらい時間がかかる。こりゃプチ登山だぞ。

a0098864_2344572.jpg
本殿かっちょいい。

a0098864_235186.jpg
御朱印頂きました♪

a0098864_2351925.jpg
帰り道。
少し参拝客が増えて登ってくる。すれ違う時に後どのくらいか何度も聞かれた。
「あの〜、まだ半分も来ていないですよ」と、正直に答えると、みなさん少し肩を落とすのだった(笑)
みなさんちゃんと登れたかな?

a0098864_2353847.jpg
次の目的地は少し分かりにくい場所。なのでiPhoneナビを目視のみで使ってみる。
普通に到着できたw

a0098864_2355667.jpg
やって来たのは須崎さん。
知る人ぞ知る、さぬきうどんの名店なのだ。
ひゃ~、佇まいが最高。惚れた♡ オープン前だったので少し待つ。
お店の方が出てきて、「大きいの小さいの、冷たいの温かいのどれにします?」って聞かれた。
「温かい小さいの」と注文。
お店の方中に戻り暫し待つ。
お店の方中から出てきて「どうぞ」と呼ばれる。
やばい、楽しすぎる(笑)

a0098864_2363656.jpg
中は製麺所があるだけ。
その通路で少し待つ(笑)

a0098864_237163.jpg
うどん登場!
通路脇に小さなテーブルが有りここで薬味、醤油を入れ、この場で立ち食いするスタイル。もう、食べる前なのに感動しちゃってる♪

a0098864_2373468.jpg
食らう。
ぎゃ、うまい♪
正直、関東にも美味しいうどん屋さんはあるだろう。そこと比べてどれくらいの差があるのか、俺には正直分からない。
でも、ここのうどんが美味しいのは俺にも分かる。
そして何だこの幸せな気持ち♪♪♪
値段は驚きの200円!
来てよかったよ〜(嬉泣)

つづく
[PR]
by keen44 | 2014-06-04 00:03 | 201405四国

WRで四国の旅16 荘内半島と美濃田の渕キャンプ場

銭形を見た後、そのまま瀬戸内海沿いを北上。荘内半島を目指す。

a0098864_21323780.jpg
町中を抜け、少し高台の道になり始めるととても気持ちいいシーサイドラインとなる。

a0098864_21325363.jpg
マップルでは地元ライダーおすすめルートとある。
確かに。香川に住んでいたらここを走らない手はないだろう。

a0098864_21331095.jpg
素敵な社を見つけた。
島とを結ぶ道が参道となっていて、なおかつその道が水没しているではないか。水の底に道が見える。
潮の満ち引きで歩いて渡れるようになるのだろうな。
いいないいな〜
こんな社が自分の町にあったらみんなに自慢するのに♪

a0098864_21333539.jpg
紫雲出山駐車場。
この山は山頂付近までバイクで登っていける。
駐車場からすでにいい眺めが(笑)

a0098864_2134872.jpg
眺め良さそうなここを上る。

a0098864_21342972.jpg
はいきた〜!100点(笑)
長崎の展海峰を思い出した。

a0098864_21344596.jpg
奥の方に瀬戸大橋が見える。

ここで、二十歳ぐらいの娘さんとお母さんの二人組にあった。
少し話をしたんだけど、ほんと仲の良い親子だった。
ふたりでここいいね~とか、また来ようねとか、わいわいがやがや、ほんと仲良し♪
見てるこっちまで幸せな気持ちになっちゃったよ♪

駐車場に戻り、ほんとの頂上まで行こうか行くまいか悩む。
頂上側から降りてきた人に遠いですかって聞いたら10分ぐらいなのでここまで来たならぜひ行かないとって背中を押される(笑)

a0098864_2135344.jpg
頂上展望台に着いた〜
結構疲れた…

a0098864_213525100.jpg
うーん、微妙w
さっきの風景が凄すぎたんだな。
あと、時間帯もあると思う。光の加減とかね。

a0098864_21355975.jpg
こっち西だから夕日はヤバイだろうな〜

a0098864_21362471.jpg
少し下がったところの別の展望台。ここもなかなかの眺め。

a0098864_21364854.jpg
山を降り、荘内半島の続き。

a0098864_21374096.jpg
香川って勝手なイメージで街中ばかりだと思ってた。そんなことないんだな。好きになってきた。

さーて、早めにキャンプ場行くぞー

a0098864_21375886.jpg
美濃田の渕キャンプ場。
吉野川沿いで岩が織りなす素敵なロケーションのキャンプ場。
ささっとテントを張ってお風呂とディナーへGO!

a0098864_21381929.jpg
夕日は少しおせんちな気持ちになるのです笑

a0098864_21384080.jpg
このキャンプ場は吉野川SAのハイウエイオアシスと併設されている。
なので温泉も食事も不自由しない。

a0098864_21385540.jpg
入浴後、明日食べられるか分からないのでとりあえずうどん食っとく笑

a0098864_2139252.jpg
ハイウエイオアシスにはデイリーヤマザキのデリもある。テーブル席が沢山あってその場で食べれるのだ。
うどんだけでは栄養価が微妙なのでサラダ食べる。
その後コーヒーとお菓子買って明日のプランを練る。
寝るまでここにいた。
とても便利なキャンプ場なのである。しかもこのキャンプ場は無料。住み込めるぞ笑

この日のGPSログはこちら

つづく
[PR]
by keen44 | 2014-06-02 22:33 | 201405四国

WRで四国の旅15 祖谷渓と琴弾公園

祖谷渓にやってきた。

a0098864_20511150.jpg
かずら橋。
渡ってる人がいる。俺も渡ってみよう♪

a0098864_20514476.jpg
橋の入口まで来たら渡るのに有料なのを知る。一瞬、渡るのやめようと思ったが、渡る気まんまんで来たので支払って渡る。

a0098864_2052828.jpg
渡り始めてすぐに後悔…
俺は高所恐怖症だった(汗)
足元は隙間だらけだし、遠目で見るより全然高いし…

a0098864_20522715.jpg
頑張って風景も撮ってみた。
この後、足を踏み外さないことだけを考えて風景も見ず一気に渡りきったのだった(笑)

45号を少し戻り、32号を北上する。
とても狭い峠道なので対向車に注意。

a0098864_20524764.jpg
絶句………

な、な、なんだこりゃ!

a0098864_2053284.jpg
日本にもこんなところがあるのだな。
こんな驚きがあるから旅はやめられない。

a0098864_20531895.jpg
ここの道は広い方。基本もっと狭い道の32号。

a0098864_20533592.jpg
気持ちいいだろうなぁ♪
いや、気持ち良くはないな(笑)
名物となっている渓谷へ用をたす小便小僧w
でも、おしっこは出てなかったw

a0098864_20535541.jpg
192号線を西へ。
食堂で昼食。

a0098864_20554811.jpg
8号線を使い北上。琴弾公園にやってきた。
展望台までバイクで行けて、そこからみんなが見下ろすものは…

a0098864_2056898.jpg
砂で作った巨大な銭形。これ、テレビで見たことある。ここにあったのね。

a0098864_20562285.jpg
どうやって作ってるんだろ?大きくて結構迫力ある。

横浜に住んでたことがあるサリーマンの方と話をした。
いまはこっちに単身赴任なんだって。
おっさん二人で銭形見ながら、すごいね~、すごいね〜と大喜びなのだった(笑)

a0098864_20564291.jpg
公園内の帰り道。通学路でもあるみたいだからのんびりね。

つづく
[PR]
by keen44 | 2014-06-01 21:36 | 201405四国

WRで四国の旅14 沈下橋と早明浦ダム

a0098864_21303670.jpg
おはようむにゃむにゃ…

a0098864_21305168.jpg
雲が少し多いけどいい天気になりそうだむにゃむにゃ…

a0098864_2131309.jpg
テントを畳んでいると、ワンボックスカーの方がiPadを手にして近づいてきた。
昨日の夜話をした時に、香川方面に行くことを伝えていたのだけど、だったらおすすめのキャンプ場があるからとiPadでわざわざ教えてくれたのだ。
吉野川沿いのハイウエイオアシスに併設されていて…
ん?
そこ、今日泊まろうとしてるキャンプ場ですよ!笑
さすがキャンパー同士、考えることは一緒だ笑

a0098864_21314611.jpg
荷物をひと通りバイクに積載後、仁淀川を見ながらのんびり朝食。なんか幸せだなぁ♪

出発の時、ワンボックスカーの方とカブの方がずっと立って手を振って見送ってくれた。
もちろんそれ以上大きく手を振って挨拶したさ♪
おかげでよろけて転けそうになったけど笑
ひとり旅はこういうのが心にしみるのだ。

a0098864_2132722.jpg
キャンプ場から少し上流に行くと仁淀川にも沈下橋がある。

a0098864_21322235.jpg
欄干が全く無い怖いタイプだ笑
でもそのスリルを味わうために往復したさw

a0098864_21323698.jpg
439号線。通称与作。
とても快適な街道。土佐中街道に似てる。
と、ここで違和感。逆走してないか?
iPhoneで現在地を調べたらやっぱり20kmぐらい逆走してた(汗)iPhone便利だな〜笑

a0098864_21325433.jpg
与作はとても走りやすく好印象。だが、旅から帰宅後取引先の方に与作、大変だったでしょって言われた。
ネットで調べると、日本でもトップクラスの酷道wなのだそう。
私が走った区間は比較的近年に造り直された区間で、たまたま快適な区間のみを走っただけのようだ。

a0098864_2133143.jpg
ダム湖に到着。
この時、あこがれのアイドルに逢えた時のようにテンションはマックス!
なぜならここが憧れのダム湖だからである。

a0098864_21333029.jpg
その名は早明浦ダム!
この名を聞いてピンとくる人はバスフィッシャーマンに間違いないw
日本有数のバスフィッシングトーナメントレイクだからだ。

CSの釣りビジョンが無料の時(せこいw)片っ端に録画をするのだが、よく早明浦ダムが登場し、ずっと憧れていたのだ。
その早明浦が目の前にある。これが興奮せずにいられるだろうか笑

a0098864_21334787.jpg


a0098864_2134660.jpg
ワンド奥のオーバーハング下にトップウォータープラグを打ち込んでみたい♪

a0098864_2134229.jpg
ふと思う。ダムカードってもらえるのか?
売店みたいなところはなく、管理施設のようなところがある。入り口に電話機があり、要件のある方は電話してくださいとある。
ダメ元で聞いてみた。
「つかぬ事をお聞きしますが、ダムカードって知ってますか?」
「はい、こちらでお渡ししたいます。今行きます。」
ここだった笑
上の階から男性が降りてきて、
ダムカードゲッツ!笑笑笑

a0098864_21343662.jpg
ダムを下から眺める。
放水時はここが水で埋まると思うと少し怖い。

a0098864_2135539.jpg
45号線を上る。

a0098864_21352046.jpg
山深い。でも気持ちいー♪

つづく
[PR]
by keen44 | 2014-05-31 22:29 | 201405四国

WRで四国の旅13 カツオと龍馬と仁淀川

13時を回っていたと思う。そろそろ腹ごしらえ。

a0098864_20454576.jpg
高知といえばカツオでしょう。

a0098864_2046114.jpg
ここは串にさし、藁を使って自分で焼くことが出来る。
でも、美味しい焼き加減がよくわからないのでお店の方に焼いてもらうw
お店の方は、好きな様に焼けばいいんだよ〜って言ってたけど、いいのいいの、お任せしますw

a0098864_20462432.jpg
できあがり♪
薬味を好みでどっさり乗せていただきます。美味しゅうございました♪

a0098864_20463611.jpg
焼いてくれたお店の方に「桂浜って道をバイクで走っていると見えるところですか?」って聞いてみたら「ちょっと違う」って言われたので行ってみる。

a0098864_20465115.jpg
竜馬さん。
右手がびよ~んって伸びてるようにみえるw

a0098864_2047556.jpg
現在、隣に足場が組まれ、竜馬像を間近で見ることが出来る。
でも登らなかった。なぜなら、自分でビックリするぐらい龍馬に興味が無いのですw

a0098864_20472195.jpg
へぇ~、これが桂浜なのね。

a0098864_20473586.jpg
小さめできれいな浜。

a0098864_20474870.jpg
波打ち際は玉砂利。

a0098864_204828.jpg
実は、以前ここを走った時はこの浜が桂浜だと思っていた(汗)

a0098864_20481658.jpg
以前桂浜だと思い込んでいた海沿いを走る(笑)

a0098864_20483392.jpg
仁淀川の土手を上流に向かって走る。河口部はかなり広い。

a0098864_2048529.jpg
仁淀川の河川敷にある加田キャンプ場に到着。ステキなロケーションでありながら無料。
うーん、誰もいない(笑)
ササッとテントを張ってお風呂へ。

a0098864_2049553.jpg
バイクで5分ほどの所にあるかんぽの宿。日帰り入浴ができる。
スッキリした後は館内でマップル見ながらのんびり明日のプランを考える。
その後コンビニで買い出ししてテントへ。

キャンプ場に戻るとワンボックスカー一台、カブの方のテントがひとつ追加されてた。少し話をする。
車の方は私より少し年上か。ここには以前にも来たことがあるそうだ。
カブの方はしまなみ海道を走ってきたそう。

a0098864_20492448.jpg
暗くなった河川敷で夕飯を食べる。
風呂も入ったし明日のプランも決まった。何もすることがなく、のんびりするのみ。贅沢。

剣山スーパー林道から始まり、龍河洞、土佐神社、桂浜、色々回ったな。
そんな四国の旅3日目の夜が更けていく。

この日のGPSログはこちら

つづく
[PR]
by keen44 | 2014-05-30 21:31 | 201405四国

WRで四国の旅13 龍河洞スカイラインと土佐神社

a0098864_216981.jpg
龍河洞から海側へ伸びる龍河洞スカイライン。この道の見どころは海側のセクションだ。
山頂付近から視界が開け始める。

a0098864_21634100.jpg
土佐湾だ。

a0098864_2165187.jpg
そしてこの道!
お城みたいのも建ってるし、まるでヨーロッパのよう。行ったことないけどw

a0098864_217726.jpg
いい!

a0098864_2172562.jpg
四国の海沿いの地形は、急激に高度が上がるイメージが強い。なのでこのような道になるのだろう。
以前走った室戸スカイラインも似たイメージの爽快路だ。

a0098864_2173949.jpg
高知一の宮、土佐神社。

a0098864_2175842.jpg


a0098864_21817100.jpg
本殿。

a0098864_2183490.jpg
御神木の幹を輪切りにしたアーチがある。くぐり方がかいてあり、そのとおりにくぐっておいた。これで旅の安全は間違いなし(笑)

a0098864_2185394.jpg
御朱印頂きました♪
[PR]
by keen44 | 2014-05-28 21:23 | 201405四国

WRで四国の旅12 土佐中街道と龍河洞

a0098864_22111891.jpg
土佐中街道。
ダート走行後の舗装路はレールの上を走っているよう。グリップの不安感が全くない。ダートを走る人ならこの感覚わかると思う。あと、スタンディングで走行後シートに座って走ると、ローダウンしたバイクに乗っている感じがするのもオフロードあるあるだと思う(笑)

a0098864_22113813.jpg
道幅は狭くないしコーナーも緩いのがほとんど。信号機も少ないしあったとしても黄色点滅。おまけに平日の午前中だったのだけど走っている車も殆ど無い。
こんな快適な街道はなかなか経験したことないかも。

a0098864_22115569.jpg
アンパンマンは〜きみ〜だ〜ゆ〜う〜き〜を〜だし〜て〜♪
アンパンマンミュージアム。

a0098864_22122985.jpg
ダート走行後にロードを走ったタイヤ。
溶けるとは違う石を噛んだザクザクした傷跡がダートでのグリップをしてくれた証。

a0098864_22124781.jpg
龍河洞に向かう。
懐かしい観光地の面影。

a0098864_2213987.jpg
右のエスカレーターで。

a0098864_22133092.jpg
龍河洞入り口。
日本三大鍾乳洞のひとつ。
後ふたつは秋芳洞と龍泉洞。どちらも行ったので、今回で三つ全て行ったことになる。

鍾乳洞に入る前、途中二箇所で係員が解説している場所があると教えてもらった。

a0098864_22135145.jpg
ある程度進んでいたら、黄色のウインドブレーカーを着た女性の方が追い抜いていった。
あれ?チケット売り場にいた2人の女性のかたのひとりじゃないか?
気にせず鍾乳洞観光。
しばらくすると先ほど追い抜いていった黄色のウインドブレーカーの女性がマイクを持って解説している。俺がお客さんとして中に入ったから急いで俺だけのために先回りして解説してくれたんだな(笑)
でもマイクの音が反響して何をしゃべっているのか全くわからない(笑)
でも俺だけのために先回りして解説してくれているので素通りするわけにもいかず、何を言っているのか聞き取れないにもかかわらず、解説が終わるまで待っていたのだった(笑)
ちなみに出口近くに別の女性がマイクで解説していた。この方は出口から入ってきて、俺を待ってくれてたんだな(笑)
なんとも文化祭のお化け屋敷的というか、裏方さんが丸見え的な状況がクスっと笑ってしまった(笑)

a0098864_22141173.jpg


a0098864_2214363.jpg


a0098864_22144939.jpg
この写真のひとつ上の写真はこの写真の看板を避けて撮ったもの。どう思います?
この鍾乳洞、ほとんどの鍾乳石の真横とかにドーンと名前札が付けられている。
個人的には札は少し離れた所に付けるか、全く無しの自然のままの方がステキな気がするのですが…

a0098864_2215652.jpg


a0098864_22152610.jpg


a0098864_22154744.jpg


a0098864_2216515.jpg
この鍾乳洞の出口付近からは、古代人の生活後が発見されている。これは、その時の土器が鍾乳石に取り込まれてしまったもの。

a0098864_22162235.jpg
このあたりで生活していたそうです。

a0098864_22163914.jpg
日本三大鍾乳洞のひとつを見るためのここに来たのだが、このポスターを見て、九選という括りがあることを知る。全部回らなきゃダメかな(笑)

a0098864_22165885.jpg
外に出てきた。
ここの鍾乳洞、展示方法とかおみやげ屋さんとか、全体的に昭和の雰囲気ムンムン(笑)

a0098864_22171877.jpg
鳥類館っだったっけ?があって、尾長鶏が飼育されてた。
この飼育方法衝撃的!
ある意味、鍾乳洞よりこの飼育方法の方が衝撃的だった(笑)

つづく
[PR]
by keen44 | 2014-05-27 23:23 | 201405四国

WRで四国の旅11 剣山スーパー林道後編

a0098864_2141549.jpg
林道は続くよどこまでも。

a0098864_2143194.jpg


a0098864_2144469.jpg


a0098864_2145573.jpg
山を下ってくると少しずつ緑色が多くなってくる。

a0098864_2151046.jpg


a0098864_2153798.jpg
実際に人を見るわけではないが、なんとなく人の気配がしてくるのが不思議。

a0098864_2155319.jpg


a0098864_2161185.jpg


a0098864_2162689.jpg
緑に吸い込まれそうだ。

a0098864_2164112.jpg


a0098864_2165262.jpg
舗装路になった。てことは…

a0098864_2174579.jpg
T字路にぶつかる。土佐街道だ。

a0098864_218291.jpg
じゃーん!剣山スーパー林道走破!東の通行止区間除くだけどw
長かった。のんびり走って沢山休憩もしたのもあってファガスの森からここまで3時間。3時間も林道の中にいたことになる笑

なんだろうこの達成感。感動した。

つづく
[PR]
by keen44 | 2014-05-25 21:30 | 201405四国

WRで四国の旅10 剣山スーパー林道中編

a0098864_2115677.jpg
なんちゅう眺め!
開けた場所、風の広場。

a0098864_2115287.jpg
どうしてくれよう、この気持ちよさ!

a0098864_21154226.jpg
落ちたらヤバイよな。
このガードレールは落石で曲がったんだろう。

a0098864_21161149.jpg
分岐現る。

a0098864_21162996.jpg
分岐のところにあった記念碑。

a0098864_21164725.jpg
そして看板。
この写真を見て気がついたのだけど、以前のブログ記事で全長66kmと書いていたのは間違い。62kmでした。

やっと着いたねって言葉は分岐側から来た人用なのだろうけど、スーパー林道をどちらに進んでも大きな観光地はないので、着いたねって表現でいいのだろうか?w
スーパー林道を走ることを楽しみにしている人目線の言葉だよねw

この少し先にとてもしっかりしたへリポートがあった。
何かあっても安心…
じゃなくて、ヘリポートを利用しないよう安全運転で♪

a0098864_2117483.jpg
まだまだ道は続く。

a0098864_21172284.jpg
どう見ても崩れてる。

a0098864_21173830.jpg
でも道には岩一つ無い。
途中、林道管理の車が停まっているのを一台見た。
毎日この林道を走っていると思われる。
そして問題のある箇所をチェックし、修復しているのだろう。
その管理の徹底ぶりに驚かされる。
ここまで管理、整備されたロングダートは、世界的にも珍しいのではないか?

a0098864_21175531.jpg
木が一本印象的に立ってい他場所。
山桜だろうか?花びらが少し残っていた。

a0098864_2118111.jpg
木漏れ日の下を走るのは大好きだ。

a0098864_2118262.jpg
感覚としては相当走っている。しかし延々ダートが現れる。
関東の短いダートから考えると驚異的な距離。

a0098864_21185396.jpg
途中、停まっている車は数台見たが、車とバイクと人、どれもすれ違うことも抜かれることもなかった。
剣山スーパー林道、貸し切りだった。

a0098864_2119777.jpg
いいかげん走ったぜ。まだあるの?笑

a0098864_21193013.jpg
分岐現る。
熊出るのか。四国に熊は数頭しかいないと聞いたことがあるがけっこういるのだろうか?

a0098864_21194682.jpg
まだ22kmもあるのか。しんじられへん笑

a0098864_2121598.jpg
左は舗装路になってますが、スーパー林道は右のダートへ。

a0098864_21223949.jpg
こんなしっかりした駐車場がある場所に出た。この駐車場がうまることがあるのだろうか?そうふあんになるほど人に会わない。

a0098864_21215232.jpg
山の家。人の気配がない。スーパー林道はこのトンネルへ。

つづく
[PR]
by keen44 | 2014-05-24 22:20 | 201405四国