アサイ?フカイ?

カテゴリ:201004九州( 34 )

20100419 西日本放浪ツーリング あとがき

今回のツーリングで作った記録。

10ヶ月で、
沖縄、北海道を除く、都道府県全てを走破。
本州最北端と九州最南端を制覇。
佐多to佐田制覇。
本州と四国をつなぐ3つの橋、本州と九州をつなぐ関門大橋を制覇。
etc・・・

これで9日間(正確には10日間)にわたる西日本放浪ツーリングは終わり。

色々なことがあった。本当に色々なことが!
楽しかった!ムチャクチャ!

次はいつ行こう?どこへ行こう?

放浪の旅は終わらない。
[PR]
by keen44 | 2010-05-23 22:14 | 201004九州

20100418-3 西日本放浪ツーリング 横浜へ

松山自動車道にのり、後はひたすら高速。

a0098864_21295255.jpg
石鎚SAでソースカツ丼。

a0098864_21302717.jpg
ここでも横浜ナンバーとキャンプ道具は大人気で、BM乗りで、70歳ほどの方に声をかけられる。
10万キロ以上距離を走っていて、びっくりした。
息子さんが私と同じ横浜に住んでいて、話が盛り上がる。
お互い給油をし、大きく手を振ってさよならした。

a0098864_21352261.jpg
瀬戸中央自動車道。
20年前の、チキチキ3バカトリオツーリングが懐かしい(笑)

a0098864_21364487.jpg
どこだっけな〜
このころはまだまだ元気に走ってました。

a0098864_2137288.jpg
浜名湖SAだったと思う。
えーと、このあたりから地獄が始まる。
本当にへばっていた。辛かった。ここから、かなり距離があるのだ。
こんなに辛い高速は、初めての経験かもしれない。

このあたりから足柄あたりまで、奥のCBが、先にパーキングを出るが、私が泊まるパーキングに後から入ってくる。
私が給油のためにパーキングに入るのに対して、たぶん、彼は毎回パーキングに止まっているのだと思う。
富士川SAで話をすると、広島から走ってきているそうだ。
私は大分だよと言うと、ニコリと笑っていた。

海老名へ到着すると、帰ってきた感が強まる。
しかしへろへろ、安全運転で家に向かう。

家に到着したとき、時計は24時を回っていた。
[PR]
by keen44 | 2010-05-23 21:50 | 201004九州

20100418-2 西日本放浪ツーリング 佐多to佐田

a0098864_211389.jpg
三崎港から、それなりの距離を走り、佐田岬駐車場へ到着。

a0098864_213634.jpg
こんな感じの道を片道20分ほど歩いて灯台へ向かう。かなり距離があるので、心して歩くように(笑)

a0098864_2143395.jpg
道が開けるが、ここがゴールではない。この先の小さい山を越えたところが灯台だ。

a0098864_2155744.jpg
途中の海。
水はかなり綺麗だ。

a0098864_2171863.jpg
灯台。
灯台までもうちょい。

a0098864_21123767.jpg
灯台の先っちょからの海。
ここからでも潮目がよくわかる。

708氏いわく、九州の佐多岬と四国の佐田岬を同時に制覇することは、誰もが考えるが、あまりやったことがある人はいない、「佐多to佐田」と言う特別なツーリングルートだそうな。

あまり深く考えないで「佐多to佐田」制覇してしまったよ(笑)

さてと、横浜へ帰りま〜す!
[PR]
by keen44 | 2010-05-23 21:19 | 201004九州

20100418-1 西日本放浪ツーリング さらば九州

初めての野宿から目が覚めた。
意外や意外、今回のツーリングで一番ぐっすり眠れたかもしれない(笑)

炊事場で歯を磨き始めると、おじさんたち二人は、またまたコンロを出し、朝食の準備。
さよならを言い、6時前には出発。
フェリー乗り場へ向かう。

a0098864_20362880.jpg
朝日がキレイだった。

a0098864_20371299.jpg
始発のフェリー乗り場に到着。

a0098864_2039947.jpg
今ツーリングで、4回目のフェリーなのだけど、全てバイクは私一人でした。

a0098864_2040512.jpg
結構しっかりした展望席がる。

a0098864_20411656.jpg
スクリューが回り始めた。さらば九州!

a0098864_20432270.jpg
ただいま瀬戸内海側。
太平洋との潮目を通過します。

a0098864_20453834.jpg
太平洋側へ通過。
はっきりべたなぎになったのが分かります。

a0098864_20475425.jpg
三崎港へ入港。
この陸地の先端は、去年の四国ツーで行けなかった、佐田岬が。

a0098864_20505519.jpg
接岸完了。
四国上陸です!

さて、いよいよ今回のツーリングの最終スポット、佐田岬へ。
[PR]
by keen44 | 2010-05-23 20:52 | 201004九州

20100417-4 西日本放浪ツーリング 今日の家

今日中に四国に渡るため、フェリー乗り場へ。

国道九四フェリー乗り場へ到着。
あれれ?なにか変だぞ?
九四フェリーは九四フェリーだけど、オレンジって書いてある。

ドラッグスターのライダーがいたので聞いてみると、
このフェリーは八幡浜行きなのだそうだ。
いやー、間違えちゃいましたよ。
自分の乗るつもりだったのは、もう少し北側の乗り場の、佐田岬行きなのだ。

時間も時間だし、どうしましょ。
ここで、何故かドラッグスターの方と交えて作戦会議。
このまま乗って行ってしまえばとも言われたけど、
ここまで来たら佐田岬に行きたい。
でも、佐田岬にはユースは無い。キャンプ場も無さそうだ。
昨日は風呂入っていないので、今日は絶対に入りたい。

ドラッグスターの方はお医者さんで、昔は峠をかなり攻めていたそうだ。
私もレースしてたんですよとか、話は盛り上がるが、
え〜い!そんなことはどうでもいいのだ(笑)

結局今日、四国入りは断念。このあたりで宿を探すことに。
ドラッグスターの方との作戦会議は、1時間も続いたが(笑)、お互いの無事をいのり、さよならをした。

a0098864_21164211.jpg
薬師の湯。
大したお湯ではないと思っていたら、透明だけど、ヌルヌルのお湯で、湯船も広々していて気持ちよかった。

さてとキャンプ場へ向かう。

キャンプ場へ到着すると、バンガローのみで、テントを張ることは禁止だって!
なおかつ、そこいらじゅうに「マムシに注意!」の張り紙だらけ。
どうしよう?
どうしようもこうしようも、時間は7時を過ぎている。ここに泊まらなきゃ。

a0098864_2121133.jpg
キャンプ場がテント張れないので、その隣の廃墟らしき建物の場所へテントを張る。

夕飯は炊事場で、定番のレトルトカレー。
真っ暗な中、私がカレーの用意をしていると、
、車でおじさん二人が炊事場へやってきて、蛍光灯のスイッチを入れてくれた。
そしてコンロやら、日本酒やらを持ち込み、料理をし始めた。
話を聞くと、釣りに来ていて、この炊事場の常連さんだとのこと。

一人で寂しい夜だと思ったら、ワイワイガヤガヤ、
楽しい夕飯になった。
おじさんたちはこのご車で眠り、朝から釣りを始めるとの事で、
10前には晩餐会は終了。
お互い眠りについた。

しか〜し!
この廃墟の前は、砂浜沿いで、大きな駐車場がある。そして今日は土曜日。
まー、来るんですよ。カップルの車が(笑)
それで私のテントを見て、気持ち悪がって帰っていく(笑)

でも、そんなこともすぐ気にならなくなり、ぐっすり眠りに堕ちたのでした。
[PR]
by keen44 | 2010-05-22 21:37 | 201004九州

20100417-3 西日本放浪ツーリング やまなみハイウェイ

やまなみハイウエイを走る!

a0098864_20253756.jpg
このあたりで写真を撮っていたら、宮原SAで話をしたパイク二人組が、大きく手を振って通過していった。
もちろん私も大きく手を振って挨拶したさ(笑)

a0098864_20343673.jpg
気持ちいい草原地帯を走り抜けると、山間部に入る。

a0098864_20353179.jpg
今走ってきた草原ルート。

a0098864_20362842.jpg
久住山だよね?(笑)

a0098864_2039256.jpg
まっすぐー

a0098864_20403232.jpg
まっすぐー
で、キモチイイ!

a0098864_2042895.jpg
やまなみハイウェイを通りぬけ、道の駅、湯布院に到着。

さてと、明日は横浜へ帰る日。
できるだけ楽に帰れるよう、まで行ってキャンプをしようと思う。
[PR]
by keen44 | 2010-05-22 20:45 | 201004九州

20100417-2 西日本放浪ツーリング 実質九州最終日

燃費走法は効果的。予備タンランプが結構点いたままだったけど、宮原SAまでなんとか到着し、給油完了。

ところで、明日は横浜へ帰るので、今日は実質九州最終日。どこへ行こう?
地元の方と思われる、二人のライダーに、どこがいい場所か聞いてみた。
高千穂も考えていたが、二人のライダーは、迷わずミルクラインと、阿蘇やまなみハイウェイを勧めた。二人もそのルートで走るそうだ。

空を見ると、ほとんど雲がない。
今日は阿蘇、行けるね。
雨の3、4日目のリベンジだ(笑)

a0098864_117596.jpg
ミルクライン突入。
こんな感じの草原が延々続く。

a0098864_119449.jpg
草原、草原、また草原(笑)
この日は土曜日だったのだけど、箱根や伊豆に比べると、全然空いている気がした。

a0098864_1213497.jpg
気持ちよく流していると、大観峰に到着。
外輪山に囲まれた、阿蘇の街並みが一望できる。
マップルには、ここに来ずして、阿蘇は語れない!と書いてあった。
これで私も、阿蘇の事を語れます(笑)

a0098864_1262947.jpg
自分が立っている展望所はこんな感じ。アスファルトの感じからして、比較的最近、整備されたように思われる。

a0098864_1274138.jpg
またまた、パノラマ。
外輪山の端から端まで写っております。

a0098864_1312196.jpg
ここで昼飯。
確か、だご汁定食。団子が入った味噌汁って感じかな(笑)

さてと、やまなみハイウェイ、行ってみよ〜!
[PR]
by keen44 | 2010-05-22 01:38 | 201004九州

20100417-1 西日本放浪ツーリング 本日の我が家

時間は4時。
本日のお宿へ向かう。
今日はキャンプをする。寒いけど。
写真を見る限り、ぽかぽか陽気に見えるけど、気温はかなり低い。

a0098864_23303837.jpg
途中の眺めのいい道。

a0098864_2331918.jpg
キャンプ場到着。
だーれもいません。今回のツーリング初日と同じく、山の中、たった一人でキャンプ。夜は怖かったよん。そして極寒。あまりの寒さで、なんども目を覚ました。

a0098864_23332434.jpg
早朝、テントの外を見てビックリ!
テントの水滴が、全て凍っております!
そりゃ、寒くて目をさますわけだわ!

テントをたたむ時、バタバタはたくと、氷が、バラバラ〜、バラバラ〜と中を舞います(笑)
しかし完全に氷を取ることは出来ず、バリバリ、バリバリと、テントを氷ごとたたんだのでした。

a0098864_23381340.jpg
出発しようとバイクを見ると、
ひぇ〜〜、ガチガチにシートが凍っております(笑)
全く溶ける気配がないので、このまま、またがって走り始めました。
ツルツル滑って、体重移動がしやすかった(笑)

a0098864_2342846.jpg
出発。
朝は気持ちいいですの〜

a0098864_23423736.jpg
御池。
トップで釣りをしている人がいて、バスやマスが釣れると言っていた。

そろそろガスを給油しなきゃ。
スタンドを探す。
高速に乗ってすぐ、サービスエリアにスタンドがあるとマップルに載っているので、そこで給油することにする。
高原ICから、宮崎自動車道に乗り、熊本方面へ。
途中、サービスエリアの標識から、スタンドマークが消されている。
まさか!

a0098864_23443967.jpg
不安は的中。
スタンドは閉鎖されていた。ショック!
私のマップルは2010年度版なので信用してしまった。
マップルさん。訂正お願いしま〜す。

ここからは、困った時の燃費走法。80キロで前傾フォーク持ち。
どこまでいけるかな〜。
[PR]
by keen44 | 2010-05-21 23:58 | 201004九州

20100416-4 西日本放浪ツーリング 桜島

桜島を反時計回りに走り始める。

a0098864_0125661.jpg
空を見上げると、あわわ・・・ぶるぶる・・・
凄い事になってます。

a0098864_0141330.jpg
ちょ・・・ちょっと待て・・・
ゴロゴロいってるし、これって平気なの???
普通の人間の感覚からすると、緊急事態だと思うのだけど(笑)

a0098864_0183849.jpg
道路、地面、至る所に火山灰が、た〜くさん。

a0098864_022595.jpg
埋没鳥居。
ここを撮影中、細かな火山灰が降ってきた。
でも、両脇にある学校の子供達は、至って普通にしていて、なれっ子になっているんだね。

走り始める。
少しすると、雨が降ってきたようだ。
ヘルメットに何かが当たってパチパチ音がする。
あれ???
これ雨じゃないぞ。
バチバチバチ!!!かなり大きな音!
火山灰じゃん!いや、火山礫?

ちょ・・・ちょっと・・・
やっぱりこれは緊急事態なんじゃ?

しばらくすると、火山灰が降るのが終わった。
噴煙のルートから外れたんだね。

いやー、それにしても凄い所だよ、桜島!
なぜこんなところに人が住んでいて、学校まであるんだ?!
桜島の住民には申し訳ないと思うが、意味がわかりません!

a0098864_0323359.jpg
ヘルメットもウェアもバイクも火山灰だらけ。

a0098864_034165.jpg
展望所到着。
ちょうどこちらは火山灰の流れる方向の逆なので、火山灰は全く降ってません。

a0098864_0355697.jpg
展望所から西側を見た風景。

a0098864_0371131.jpg
鹿児島市内を見渡す風景をパノラマにしてみました〜
クリッククリック w

a0098864_0391365.jpg
展望所のエレベーター。
ほんと至る所に火山灰が積もっている。
これじゃぁ、いろいろな機械、すぐ壊れちゃうと思うよ。

a0098864_0403824.jpg
桜島を一周回って、また、火山灰の流れる下にやってきた。
噴煙の出方は、だいぶ治まってきていたが、火山灰は延々降っていて、カメラが灰だらけになり、壊れてしまわないか心配。

桜島、思っていた以上にアグレッシブ。

地球が生きていることを、身を持って体感できる、日本では貴重なところだと思った。
[PR]
by keen44 | 2010-05-21 00:49 | 201004九州

20100416-3 西日本放浪ツーリング 北上

本土最南端、佐多岬到達と言うミッションを完了し、北上する。

a0098864_22135042.jpg
北緯31度線。
ここはカイロやニューデリーと同じ北緯。

a0098864_22175988.jpg
現在は無料となっている、佐多岬ロードパーク料金所。

a0098864_22324714.jpg
269号線のパーキングにて。

a0098864_2234594.jpg
ここは道の駅だったかな?
南国ですな〜

すっかりいい天気になったことだし、桜島行ってみよう。
[PR]
by keen44 | 2010-05-20 22:39 | 201004九州