アサイ?フカイ?

カテゴリ:201012伊豆の旧道( 7 )

伊豆の旧道を探してツーリング7 賀茂トンネル旧道後編そして最終話

a0098864_20334856.jpg
ガードレールを越えると、みちが斜めっています。
海側に道全体が落ちかかっているのでしょう。

a0098864_20365679.jpg
すぐにまたガードレールで道が塞がれます。
と言うことは、この道が崩れかけている部分が、この旧道通行止めになった決定打なのでしょう。

a0098864_20403838.jpg
しばらく進むと、崩落箇所有り。でも、それほど大したものではありません。

a0098864_20432930.jpg
またしばらく歩くと、旧道反対側の行き止まりだった箇所に到着。

この旧道を探索してみて思うのは、草は多いですが、道自体は例のガードレールで挟まれた崩れかけ区間を除き、それほどダメージを受けていないという事。

現に、車両は通行できませんが、探索中に、釣りに来ている人、ジョギングをしている人等、4人の地元の方に会いましたので、この旧道は廃道ではなく、まだ現役と言ってもいいのかもしれません。

写真を撮りながら引き返しますよ。

a0098864_20504989.jpg
ガードレール越しの宇久須港。

a0098864_20534180.jpg
さて、この旧道で一番のポイントはこの道路標示でしょう。
土砂に半分埋もれた「40高中」の表示。
この表示は現在の道路に存在しません。
以前の道交法では、車、バイク、共に高速車と中速車の区分けがされていました。
しかし、車、バイクの性能アップにより、この区分けが無意味になり廃止。
ちなみに、昔の区分けですと、バイクの250は中速車。
でもですよ、私のWRが中速車?う〜ん、やっぱりこの区分けは廃止でしょう(笑)

a0098864_21273088.jpg
もう一枚、40高中。
今はない表示で、半分土砂に埋まっている。
なかなかステキです。

a0098864_21275725.jpg
ガードレール越しのWR。

a0098864_21283045.jpg
こけこけ。

そろそろ夕方なので、旅の仕上げ。天山へ。

a0098864_2129865.jpg
風呂入ってメシ〜 しあわせ〜
その後PSPでザ・ビーチ観た。デカプリオ若け〜
一時間ほどねて、日付が変わる前に帰宅。

おわり〜〜〜〜
[PR]
by keen44 | 2010-12-14 21:14 | 201012伊豆の旧道

伊豆の旧道を探してツーリング6 賀茂トンネル旧道前編

a0098864_21123860.jpg
59号を西へ。
キャリパーの下あたりに木の枝が・・・

a0098864_21141759.jpg
のどかでよろし。

a0098864_21292218.jpg
がび〜ん。仁科から牧場側の道は通行止め。ぐにゃぐにゃの59号行きますか。

a0098864_21294572.jpg
やって来たのは2週間前に臨時休業で休みだった三共食堂。

a0098864_21302098.jpg
食べたのはもちろん小アジ寿司。カサゴの味噌汁も追加。
量は少な目ですが、思っていた以上においしかったです。来てよかった!

さて、次は本日最後の旧道、136号線賀茂トンネル旧道を目指します。
ホテルニュー岡部を右側に見て、深田交差点の先の分岐を左が旧道です。

a0098864_21305035.jpg
さびしい道に行くと、必ずと言っていいほどある捨てられた車。
不法投棄はやめましょう。

a0098864_21324511.jpg
かなり古いガードレール。
支柱が四角柱のガードレールはかなりの年代物らしい。

a0098864_21424599.jpg
すぐに行き止り。バイクでの進入は無理。この旧道の反対側入り口から探索してみます。

a0098864_21445785.jpg
長めの賀茂トンネルを越え、小さめのトンネル2つを越えたすぐ左側がもう片方の旧道分岐点です。
この旧道は、一部区間が廃道化していますが、分岐周辺はいまだに使用されています。

a0098864_21501759.jpg
トンネルを海側に遠回りすると、現136号に近づき、並走する形になり、また海側に遠回りする形になります。
何故かガードレールは、旧道側を向いています(笑)

a0098864_21525649.jpg
またまた現136号と並走します。
ここのガードレールはしっかり本線に向いています。
ここからはずーっと海側を走ることになります。

a0098864_2157798.jpg
うわぁ、きましたね。
大自然パワーが、人類を上回りつつある道が(笑)

さて、ここでもあの言葉を言っておきましょう。
以前はこの道を、大型バスが対面通行していたのだぁ〜(笑)

a0098864_229222.jpg
ガードレールで塞がれていますので、ここからは徒歩でのレポートになります。

賀茂トンネル旧道後編、そして今回のレポート最終回へつづく。
[PR]
by keen44 | 2010-12-13 22:13 | 201012伊豆の旧道

伊豆の旧道を探してツーリング5 ループ橋旧道後編

a0098864_17414991.jpg
むむむ?!
左の擁壁側の地面が、やけに綺麗になってきました。
そろそろこの廃道も終点のようです。

a0098864_17442054.jpg
じゃ〜ん。終点です。
民家の庭先ですね(笑)
民家の方が、この廃道部分も使用しているようで、この部分に関しては、人為的に廃道化しているようにも見えます(笑)
ここから右下りカーブの舗装路が続きますが、写真中央部に本来道路だったときの白線が確認できます。
さてさて、民家の脇を、私のような知らないおっさんがぷらぷらしていて、住民の方に不安を与えてもいけないので、ループ橋の廃道はここをゴールとさせていただき、今歩いてきたジャングル廃道を写真を撮りながら戻りますよ。

a0098864_17544533.jpg
ガードレールが飲み込まれていく〜
固定カメラで、こうなるまでのムービー早回し映像を見てみたいです。

a0098864_17575680.jpg
ジャングル区間を戻っていきます。

a0098864_17592910.jpg
帰りに気がついたのですが、廃墟のこちら側にバス乗車券販売所とあります。
てことは、ここはドライブイン兼、バス停だったのか?
そういえば、現ループ橋部分にもバス停ありますもんね。
そしてそして何度でも言います。

以前はこの道を大型バスがぁ〜(笑)

a0098864_1844854.jpg
囚われた標識。
今後は樹の幹にめり込んでいくのでしょうね。

a0098864_187246.jpg
廃道入り口に近づいてきました。

a0098864_189455.jpg
到着です。
すこし分かりづらいですが、四角い後ろ姿の標識の下に見えるのが天城街道で、こちらに伸びてきています。
現在は写真左へと曲がりループ橋へ向かいますが、本来の天城街道は、カーブしておらず、廃道へ真っ直ぐ伸びる、ロングストレートだったんですね。

これでループ橋は移動レポートは終わり。次はおいしい物を食べますよ。
[PR]
by keen44 | 2010-12-12 18:24 | 201012伊豆の旧道

伊豆の旧道を探してツーリング4 ループ橋旧道前編

a0098864_21185688.jpg
414号を南下してくると現れるのがこのループ橋。
伊豆のランドマーク的な道路です。

さて、ここで少しだけフィルムを巻き戻してみましょう。
「キュルキュルキュル〜〜〜〜」

a0098864_21213517.jpg
ここがループ橋が始まる場所です。
この写真をよ〜く見てください。怪しい事に気づきませんか?
気付いた方、もうあなたは立派な旧道マニアかもしれません(笑)

左のススキ林、怪しいですねぇ。
ちょいと覗いてみましょう。

a0098864_21292827.jpg
ススキ林をかき分けて歩いて行くと・・・
ありました!山の中へ伸びるガードレール(笑)
こちらの道がループ橋の旧道(廃道)なのです。
ちなみに右側に見える道が、現在のループ橋へ向かう道です。

a0098864_2148019.jpg
ススキ林を抜け、ガードレール脇を抜けたところから振り返った図。
車の侵入を避けるため、かなり大きな盛土がしてあります。

a0098864_21514385.jpg
盛土を過ぎると、ガードレール側は木がニョキニョキ。

a0098864_2154430.jpg
左の擁壁側は、荒れてはいますが、意外にもフラットな道が残っており、木が生えていません。
想像するに、擁壁のコンクリート土台が道の下まで入り込んでいるためだと思われます。

a0098864_21582531.jpg
廃墟が現れました。ドライブインだったのでしょうか?

a0098864_21592676.jpg
道一面に同じ植物が。

さて、ここで残念なお知らせをしなければなりません。
この廃道、かなり荒れてます。ハイ。
初めの徒歩での下見の段階早々で、心が折れました。
バイクでの走破を諦めたってことです。
無理して走破も出来たでしょう。
ただ、私の技術、バイクでは、無事で済むかどうか・・・
という訳で、これは徒歩でのレポートです。あしからず。

a0098864_22101171.jpg
途中、右側に土の壁が現れました。ただの土の壁と思いきや、上面にはアスファルトの痕跡が。道の分岐のようです。右に行ってみましょう。
ちなみに左下に降りていく道が本線。

a0098864_22154119.jpg
すぐに行き止まりになり、少し広い舗装部分がありました。
建築物などは見当たらなく、草木が覆い茂っていました。
多分当時は草木が殆ど無く、展望駐車場だったのではないでしょうか?

a0098864_22211699.jpg
本選に戻りまして進みますが、このあたりはヒドイ。バイクで来なくてよかったぁ〜

こんなヒドイところですが、前日記で紹介したサイトの方は、ここ、バイクで走っております。信じられません(笑)

a0098864_22243769.jpg
見事な廃道っぷりです。
以前はこの道を大型バスがぁ〜

さて、ゴールはどうなっているのでしょうか?ループ橋旧道後編へつづく。
[PR]
by keen44 | 2010-12-11 22:29 | 201012伊豆の旧道

伊豆の旧道を探してツーリング3 天城廃道後編

a0098864_21442099.jpg
ここからは木がニョキニョキ区間が続きます。

a0098864_216868.jpg
木が伐採されているところもあります。
廃道なのになぜ?と思ったのですが、実はこの道に沿って電線が走っており、電線との交渉を避けるための伐採と思われます。

a0098864_2182932.jpg
何度も言います。以前はこの道を大型バスがぁ〜

a0098864_21124759.jpg
落ち葉で隠れてしまっていますが、木の成長で破壊されたアスファルトが、あたり一面に散らばっています。

a0098864_21162791.jpg
押し上げられているアスファルト。

a0098864_2117282.jpg
たまに現れるごくわずかな白線跡。

a0098864_21282542.jpg
下り坂のストレート。
そろそろこの廃道も終盤。
異次元空間がら、現代へ舞い戻る時がやってまいりました。

a0098864_21313712.jpg
目の前に現在の天城街道414号が現れますが、無常にもガードレールが!

a0098864_21324046.jpg
しかしご安心を。
ギリ通過できる切れ目をスルリ。


a0098864_21334757.jpg
出てきた場所はこんなトンネルのすぐ脇。

これにて天城街道廃道区間、無事完走!


参考にさせてもらったサイト
XRで行こう
そうだ、遠くにイコウ
[PR]
by keen44 | 2010-12-09 21:58 | 201012伊豆の旧道

伊豆の旧道を探してツーリング2 天城廃道前編

a0098864_20553893.jpg
施設をスルッと通過。

a0098864_20563051.jpg
目の前には、異次元の世界にいざなうような、怪しげなダートが出現。
進みます。

a0098864_214783.jpg
すぐに第二のアンテナ施設が現れ、またまたその脇をスルリ。

a0098864_215881.jpg
その先には、まだまだダートが続いています。
この道は、ただのアンテナ施設に通じるだけの道なのか?

a0098864_2172229.jpg
コンクリートの構造物が現れました。

a0098864_2112495.jpg
余談ですが、コンクリートの上にはミツバチの巣箱が。この後もちょいちょい目にしました。
こんな山の中でもハチミツが収穫できるのですね。

a0098864_2115086.jpg
話は戻って、ダートの右下を覗くと、そこには414号が並走しています。
って事は、やっぱりこの道、本来の天城街道なのでは?

a0098864_21364013.jpg
倒木を避け、枯れ草の中を進む。

a0098864_21383035.jpg
朽ちた舗装路が現れました。右隅には少しですが白線も確認できます。
間違いありません。この道は旧天城街道廃道区間なのです!

ここはゆるい右カーブなのですが、道全体に木が生えてしまっており、昔はここを大型バスが走っていたなんて、とても信じられない光景です。

a0098864_21391656.jpg
更に先に進むと倒木が道をふさぎます。
右側にギリ、バイクが通れるスペースがあったのでスルリ。
リアタイヤがスタックして空回り。
あぁ〜〜〜、新品リアタイヤが削れる〜〜〜(笑)

a0098864_21432117.jpg
うひょ〜〜〜!
アスファルトの舗装路を突き破り、道全体に木がニョキニョキ!
大自然パワー恐るべし!

天城廃道後編へつづく。
[PR]
by keen44 | 2010-12-08 21:53 | 201012伊豆の旧道

伊豆の旧道を探してツーリング1 もう一度天城の旧道

5時30分、WRに火入れ。西湘ルート。

a0098864_2240969.jpg
太陽さんおはようございます。

a0098864_22404118.jpg
今日の大観山の眺めは凄かった。
富士山バッチリだし、左の山を越え芦ノ湖へ流れ込む霧。そしてその霧は芦ノ湖全てを覆い隠す。

a0098864_22552046.jpg
2週間前にもやって来た天城の旧道。

a0098864_2256192.jpg
なぜもう一度来たかと言うと、

a0098864_22585858.jpg
この天城山隧道を抜け、私が414号に出たルートは、天城旧道の最短ルートで、414号に出る直前を左に曲がると、もう少しダートの道があったのです。なんという凡ミス。今回はしっかりそちらの道を走ります。

そちらの道も今までのダートと同じく、非常に整備されたダートで、ダートを走り慣れた方なら、この道はダートの分類ではなく舗装路に含んでも良いのではないかというほどのフラットダートです(笑)

a0098864_23104510.jpg
途中から舗装路になり、この鋭角的なコーナーを右に曲がれば、そこはすぐ414号の合流となります。
これで天城旧道制覇・・・

のつもりでした。

ですが、つい最近、ある方のサイトを見て驚愕しました。
この方のサイトは、私が以前から林道ツーリングの参考にさせていただいている方のサイトです。
そして、更にこの方が参考にしているサイトがありまして(笑)
後にこの方二人のサイトはご紹介させていただきますが、私のレポートに戻ります。

もう一度この写真を見てください。何かおかしくないですか?
いやいや、別に写っていてはならない顔が写っているなどと言う類のことではありません(笑)

道の造りですよ、道の。
いくら旧道とは言え、この鋭角的な右カーブはないのでは?

左奥を覗いてみます。

a0098864_23562254.jpg
道と同じ幅のフラットなダート。その先に取ってつけたように設置されたアンテナの施設・・・

いやいやいや・・・まさか・・・

アンテナ施設の左側にはバイク一台なら通れるくらいの隙間。

先人のお二人方、私も行かさせていただきます!
[PR]
by keen44 | 2010-12-08 00:11 | 201012伊豆の旧道