アサイ?フカイ?

<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

自分の走ってる写真

DE耐で自分が走っている写真。自分で自分解説付。
a0098864_2145347.jpg
90°立ち上がり。
あまりに非力なバイクだったため、この時点で、ひざはたたみ、左手もすでにタンクの上。短いストレートに備えます。
a0098864_20572115.jpg
この時点で、ひじはまだひざの外。
a0098864_2057495.jpg
ひざの上にひじが入り、ストレート用ポジションの完成。
a0098864_2058586.jpg
左手をたたむことにより、ハガキ1枚分は全面投影面積が減っているでしょう。最高速で5キロは違うはず。
a0098864_20582193.jpg
ビクトリーコーナー。もちろん、ノーブレーキ、フルスロットル。
a0098864_20583214.jpg
辛いメインストレートの始まり。
a0098864_20584396.jpg
ピットゴールでもチェッカーを振ってくれるサービスって、いいよね!
ヤッホ〜〜!
[PR]
by keen44 | 2009-05-28 21:37 | バイク

ゴールするぜ!

すぐにオフィシャルの方がやってきて、車輌の移動をうながす。
ピットロード進入口までバイクを押して行くと、モテギスタッフの方がやってきて、ピットロードから、ゴールラインを通過しても、完走扱いになると教えてくれた。レッカーゴールは嫌だ。
さてと、自力でゴールするぜ!

ピットロードをXRを押しながら走る。
全チームの関係者のほとんどがサインエリアに集まり、ホームストレートを見ている。
なので、寂しくなったピットロードを、ひたすら押して走る。
A&Pのみんなが私に気付き走り寄ってきた。
なんかさ、ちょっと泣きそうになっちゃったよ。男だから泣かないけどな。

おっとっと、本気で喜ぶのはまだ後。
ゴールラインまで押してからが本当のゴール。
私はまた、XRをゴールラインまで押していったのだった。

おしまい。


私にとって今回のDE耐は、いろいろありましたが、参加して本当によかったと思っています。
それもバイク提供&チューン&手続きをしていただいたyamさまをはじめ、ノウハウを教えていただいたチャンタさま、各ライダーさま、そして重要なピットクルーさまなど、みなさまの協力無しでは完走出来なかったでしょう。
ここに改めてお礼申し上げます。

みんな!ありがと〜〜〜〜!!!

a0098864_18563438.jpg

[PR]
by keen44 | 2009-05-17 18:57 | バイク

帰ってきたよ

最終ライダー私。
ちょっと残念な状況ですが、とうとう実戦に帰ってきましたよ。私!

むぅくんと交代時、に「5速キープで行ける」と言われて、試すが、全然回らない。
4速、3速も試すが、全然回らない。
どれでも回らないのなら5速が速いに決まっている。
もう一度5速を試す。4分11秒のサインボード。今の状況では、なかなかのタイム。
なるほど、むぅくんの言っていた事は正解だった。5速キープで走ることにする。

速度を一度落とすと、全く回転が戻らない。なので、直線はもちろん、コーナーでも伏せて、左手はタンクの上で空気抵抗を減らす。
コーナーもブレーキ無し。90度から5コーナーまでは、一度もアクセルを戻さない。
アクセルを戻すのは5コーナー、V字、ヘアピン、90度のみ。

そしたらだんだん楽しくなって来ちゃって、4分切るまで攻めまくることに決定。
サインボードは、8、6、4、2、とどんどん詰まってきていることを知らせている。
コーナーでは他のライダーに負けていない。
反面、コーナーポストでは、私に向かって、注意のフラッグがばんばん振られている。
そろそろ4分切るなってときに、セーフティーカーが入る。

セーフティーカーと一緒に2週回った。
この時冷静になった。このレースは俺だけのレースじゃないのだと。
残り時間は20分ぐらい。少しだが雨も降っている。
もう出来るだけの事はやったよ。タイムを詰めるのはやめだ。完走しよう。
接触に気を付ける走行に切り替える。

数周後、タワーの時計でこのラップが最終ラップだと確認。
最終ラップ、急にコースのそこいらじゅうに、スローダウン後、グラベルにストップする車輌を5台ぐらい見た。ガス欠したチームだ。
それを横目にだましだまし走るA&P XR。
ヘアピンを立ち上がり、ダウンヒルストレートを下ったとき、完走を確信した。

90度を抜け、セカンドアンダーへ。

ボボボ・・・・・・

ウソだろ???

エンジンが吹けない。ガス欠だ!!!
[PR]
by keen44 | 2009-05-17 18:08 | バイク

前代未聞の作戦

第五ライダーバイカーさん
だましだましで、辛く、我慢の走りが続く。がんばれ!

現時点で順位はどうでもいいほど下がる事が決定した。
しかし、ここはレース。出来る限り上の順位を目指す。

残るは3時間。
yamさんの考えた前代未聞の作戦とは、「残りを無給油で走る」だ。
給油は一回につき、必ず10分はストップしなければならない、
なので3時間無給油だと、最低でも20分間のアドバンテージとなる。
しかし3時間無給油なんて作戦は聞いた事がない。

速いチームは1時間で3リッターを使い切ってしまう。
私たちのマシンは、最後の給油で満タンになり、6リッター入っている。
通常は2時間しか走れないが、
しかしエンジン回転が上がらない分、燃費が上がるはずとの事。

私の所でyamさんが電卓を叩く。
yamさん「こうこうこうで、こうでしょ、どう思う?」
私「計算上では行けるの?」
yamさん「計算上は行けるはず」
私「ここまで来たら、いちかばちかだ、いってみよう!」
二人、親指を立てるのだった。

第六ライダーむぅくん
これまた、だましだましで、辛く我慢の走り。
しかし、だめなバイクで、すこしずすタイムアップしている。
ナラシラインではなく、レコードラインを走ってるな、むぅくん。

実は私、この時点まで、どう走るか迷っていたのですよ。
むぅくんを見て、私もレコードラインを走る事を、この時決めたのでした。
[PR]
by keen44 | 2009-05-17 17:19 | バイク

スタート!

いい加減な私ですが、決める所は決めなければならず、走行前は集中していきます。
なので写真は撮っていませんので、あしからず。
細かい内容も、全て私の記憶ですので、間違っていましたらゴメンナサイ。
それでは、私目線のレポート、スタ〜〜〜ト!

09DE耐、7時間耐久レース。曇り空。

第一ライダーyamさんが、ルマン式スタートで、順調に走り出す。
燃費の事を考え、30分強で給油のピットイン。
この辺の作戦、計算は、yamさん、バイカーさんに感謝!
他チームは1週目に給油ピットインするという、奇想天外な作戦のチームも6チームほどいました。

第二ライダーはミネンコーちゃん。
あっさり3分30秒を切ってきて、ファーステストラップをどんどん更新していく。
最終的には17秒を出していたはず。絶好調。

第三ライダーyamaさん。
これまた速い。すぐに20秒を切る走りを初め、最終的には15秒台を出していたはず。
これは、人間、バイクともに、絶好調な証拠。
今日のレースは、予想以上に期待できそう w

第四ライダーガンさん。
順調に走り出す。
少しすると、同ピットの他チームの方が私たちピットに人間に、叫んでいる。
「バイク来てるよ〜!!!」
見てみるとガンさん予定外のピットイン。
急いで駈け寄ると、エンジンが吹けないとの事。
真っ先にチョークレバーを見る。問題なし。その場でアクセルを開けると、ちゃんと1万回転以上回る。ピットアウト。
しかし、またすぐにピットイン。もう一度バイクのチェック。
yamさんが、ヘッド回りから異音が出ているのを発見。やばい!かなりやばい!どうする???
とりあえずエンジンは回らないが、止まっている訳ではないので、だましだましの走行でピットアウト。
タイムはガクッと落ち、4分後半。
ここで今までの作戦は全て白紙となり、新たな作戦を考える事に・・・
[PR]
by keen44 | 2009-05-17 16:21 | バイク

いざ、出陣!

a0098864_14554989.jpg
金曜昼、ハングリータイガーで気合いをいれ、
a0098864_14564066.jpg
夜はモテギでチャンタさんと二人の夜。うふ w
しっかり4時間半眠る事が出来、体調は万全。

思えば18年ぶりの実戦参加。
サーキットの、変な緊張感が嫌で、レースをやめたはずなのに、また戻ってきてしまった。
みなさんには、完走が目標とか、真ん中より上に行くのが目標とか言っていたけれど、心の中では、行ける所まで行くつもりだった。
いざ、出陣!
[PR]
by keen44 | 2009-05-17 15:12 | バイク

さわやかツーリング 5

a0098864_21484871.jpg
その最終目的地の名は「さわやか」

ある時、浜松に住んでいた事のある友人との会話をしているときの事です。
その友人は、関東に住む友達が浜松に遊びに来ると、色々ごちそうしてあげていたそうです。
それはもういろいろと。
そしていつものように関東の友達が遊びに来たとき、「うなぎでも食べに行くか?」と、聞いてみると、その友達は、「うなぎはいいから、さわやかに行きたい」と、言ったそうです。
その関東の友達は、「さわやか」の、とりこになっていたのですね。

で、その、「さわやか」とはなんぞや?と、聞いてみると、
静岡県内では、あまりにもメジャーな、げんこつハンバーグの炭焼きレストランのチェーン店。
ボリュームと、味は、「ハングリータイガー」なみなのに、値段はセットでも¥1,500を切るというのです!

この話を聞いてから、いつか食べてみたい!と、思っていたのです。

それが現実の物となりました。

お店に到着。駐車場満車、外にまで、待っているお客さんが、建物の外まであふれており、何十分待つか分かりません。なので、次の店に移動。
2店舗目、店舗改装中で休み。とほほ。
3店舗目に移動。待っている人5人くらい。よっしゃー!

で、これです。
a0098864_2218336.jpg
テーブルでハンバーグを切り、ソースをかけてくれます。

浜松在住経験のある友人の話は、全て本当でした。
間違いなく上手い!安い!また行きたい!

おしまい。
[PR]
by keen44 | 2009-05-05 22:22 | WR250X

さわやかツーリング 4

a0098864_2054237.jpg
湯の島温泉。イェ〜イ!
湖が見える露天風呂だと思ったのだけど、全然見えません。そこは残念。

少しゆっくりしてから、北上してきた1号を南下。

えーと、実はここまで、ほとんど全ての道が峠。
それも、1車線。たまに2車線の、タイトなワインデング。延々とです w
ですが、そこはWR。ガンガン行けちゃいます。
右へ左へひらりひらり。むちゃくちゃ楽しい!
正直、このルートを走らせたら、多分最強レベルのマシンでしょう。
a0098864_2130142.jpg
踏切待ちをする708。

さてさて、いよいよ今回の最終目標であり、最大目標。そして、今回の日記のタイトルにもなった場所へ向かうのでした。
[PR]
by keen44 | 2009-05-05 21:33 | WR250X

さわやかツーリング 3

a0098864_2347244.jpg
迫力の佐久間ダム。
トンネルからの展望台。トンネルからのと言いますのは・・・
a0098864_20394943.jpg
普通の自動車トンネルの中の途中に、写真のような、せまーい側道トンネルがあるのです。気にしていなきゃ、見落としちゃいますよ。
素堀トンネルで、頭が当たっちゃいそうなぐらい天井が低いです。おもろいよ。

ここからは、佐久間湖沿いの1号をどんどん北上。
a0098864_20441665.jpg
途中のトンネル。
トンネルって、暗くて、狭くて、ちょっとスリリング。結構好きかも。
[PR]
by keen44 | 2009-05-05 20:52 | WR250X

さわやかツーリング 2

a0098864_20105822.jpg
スーパー林道直前の峠。見よこの絶景。
a0098864_20161390.jpg
全面舗装だが、タイトで一車線の林道。天竜スーパー林道にて。
a0098864_2019898.jpg
4月のソロツーで走る事が出来なかったスーパー林道だが、リベンジ完了!
a0098864_20202730.jpg
ピラニアではありません。イワナの塩焼き。腹減ってたから、むちゃくちゃうまかった。山住峠にて。
ここから389号、290号を使い、佐久間ダムへ。
a0098864_20282240.jpg
290号途中のそば屋さんで出てきた、お米と小豆のだんご。甘いよ。
[PR]
by keen44 | 2009-05-05 20:30 | WR250X