アサイ?フカイ?

<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

能登半島放浪 4 最北端へ

a0098864_20443379.jpg
キャンプ場をスタートして、まずは能登空港。とても眺めのいい展望台がありました。
空港施設が道の駅もかねているのですが、早朝なので、静かなものです。
ここ数年、飛行機乗ってないです。飛行機でどこか行きたいな。
a0098864_2049718.jpg
朝もやの57号線、快適快適、気持ちいいですなぁ。
a0098864_20503237.jpg
最初に行こうと思ったキャンプ地の目の前にある見附島、別名軍艦島。
きれいな砂浜の前に、ドンっと鎮座している不思議な島。
a0098864_20563950.jpg
詰み石の見附島方向から砂浜を見た図、歩くの結構怖いです。
a0098864_2058233.jpg
須須神社参道。ここは日本海一帯の守護神らしい。今回の放浪の安全を祈願してきました。
a0098864_2145561.jpg
そして今回の目的の一つ、能登半島最北端に到着。禄剛埼灯台です。
a0098864_2181557.jpg
いい眺めです。天気も最高。いや、9月末だと言うのに真夏の様に暑い。
8月の四国放浪を思い出した。
[PR]
by keen44 | 2009-09-30 21:14 | 200910能登

能登半島放浪 3 最初の夜

マップルを見て、見附島シーサイドキャンプ場が目に入ったのだが、値段が¥1,800なので却下。石川県健康の森キャンプ場へ電話を入れる。
しかし、受付は4時までとの事。そこをなんとか頼み込んで5時まで待ってもらい、キャンプ場へ到着。管理人さん、本当にすいません。
ここが大正解で、なかなか良いキャンプ場だった。
a0098864_18282741.jpg
バイク乗り入れ可能な、とても整備の行き届いたオートキャンプ場。
各テントの前にはバーベキューの釜とベンチも完備。
写真でわかる通り、広いキャンプ場に私を含め3組のみ。私の周りには誰もいません。
a0098864_18345753.jpg
こんなにきれいな炊事場のキャンプ場は見た事ないです。浄水器、洗剤、スポンジ完備。
私は行きませんでしたが、広場や、遊具等、広い敷地にいろいろあります。
これで¥660は格安。
a0098864_19224351.jpg
今まで区画整理されたキャンプ場はせせこましいイメージで、敬遠してきましたが、バイクでのソロツーならば寝るだけなので、なかなか良いですね。
a0098864_19265379.jpg
テントを張ったら温泉へ。
朝のスタンドは開いていませんので、バイクに給油もその日のうちに。
a0098864_19292862.jpg
キャンプ場へ戻り夕食。ご飯にインド風チキンカレー、コーンスープ、そして食後のキャラメルマキアート。
普段の生活で、レトルトはあまり食べませんので、こんな食事でも、結構楽しくおいしいのです。

朝は5時起きなので、10時に就寝。しかーし、1時に目が覚めてしまった。
理由は、少し離れた所にいた方達が2時半まで、わいわいがやがややっていたからです。
夜のキャンプ場は声が響きます。早めに寝るようにしましょう。
ちなみに、バイク乗りの方達でした。
a0098864_19412191.jpg
早朝、受付横のブランコ。竹で組んであり高さがある。気になりますねぇ。乗ってみましょう。朝からオヤジがブランコです(笑)
これが、楽しい!

普通のブランコが「きーーこーー」だとすると、このブランコは、「ひゅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん、ひゅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん」と、ロングストローク。
すばらしい2日目のスタートなのでした。
[PR]
by keen44 | 2009-09-29 19:50 | 200910能登

能登半島放浪 2 一気に能登へ

朝6時出発。関越道をひた走る。
上信越道の軽井沢辺りから雨が降ったりやんだり。
WRは航続距離が短いので、ガソリンが無くなった時が休憩の時。
しかし、上信越道に入ってガソリンは余っていましたが、すぐに給油。
100キロ以上スタンド無しなので、それにそなえます。
a0098864_2265833.jpg
能越自動車道、福岡PAにて。
能登半島突入。
a0098864_22224453.jpg
やっと高速をおりることが出来、氷見魚市場食堂、海寶で昼食。
と思ったのだけど、この建物の中は大行列で、1時間30分待ち。
そこまで時間はありませんので、隣接する道の駅へ。
a0098864_2228383.jpg
ます寿しとぶり寿し。普通に、いや、かなりうまかった。港を見ながらぺろり。
a0098864_22361586.jpg
長坂の棚田。どちらかと言うと、観光用棚田ではなく、実用的な棚田のように見えます。
ちなみに雨はじゃじゃぶり。
a0098864_22412915.jpg
能登島へ上陸します。能登島大橋。このあたりからは雨も上がり日が射してきました。
a0098864_22445828.jpg
ツインブリッジのと。さよなら能登島。
この時点で時間は4時。キャンプ地を決めなければ。
[PR]
by keen44 | 2009-09-28 22:55 | 200910能登

能登半島放浪 1 はじまり

ただいま。

4泊5日、能登半島放浪から、無事に帰還しました。
単独でのキャンプ泊としては、最長の放浪でしたので、不安もありましたが、これがまったく問題なし。
特に、3日目以降、キャンプと言う非日常が、日常に変わり始め、時間が許されるのであれば、何泊でも放浪出来そうであり、とても楽しく、走り回らさせていただきました。

それでは、そんな放浪ツーリングレポートをお楽しみください。
自分自身の記録としてのレポートでもありますので、ダラダラと日記は続きますが、流し読みで結構ですので、お付き合い下さいませ。
[PR]
by keen44 | 2009-09-27 20:46 | 200910能登

放浪してきます。少しの間、さようなら。

a0098864_11251411.jpg
明日から、今年3回目となる放浪をしてきます。

初日は能登半島。2日目も能登半島。3日目は福井、4日目に沼津でA&Pの皆さんと合流、5日目に帰宅予定。
能登半島の天気は、現時点で微妙なところもあり、全然違う所に行く可能性も十分考えられますが、全泊キャンプで予約等はしていませんので、気楽なもんです。

ちなみに、同行者、冷やかしにこられる方、大歓迎ですよ(笑)

さてさて、今回は、どんな放浪になるのやら。
それでは行ってきます。
[PR]
by keen44 | 2009-09-22 12:03 | WR250X

たくましく生きております

a0098864_22315599.jpg
娘が土に栄養剤を刺そうとしたとき、根っこだらけで栄養剤が刺さらないとつぶやいていましたので、コーヒーの木の植えかへをいたしました。

茎を、そっと持ち上げてみると、土ごとあっけなく持ち上がり、土よりも根っこの方が多いくらいであり、もっと早く植え替えをしてやれば良かったと、申し訳なく思います。

大きい鉢に植え替えてあげてみると、コーヒーの木が、リラックスしたように見えたのは、気のせいでしょうか。
a0098864_22495481.jpg
上記のコーヒーの木は苗から育てている物ですが、こちらは豆から発芽させて育てている物です。

プランターで、まとめて発芽させたのですけど、こちらもすくすく育ち、プランターの下にひいた網に思い切り根っこが絡まっておりました。
ですから、個別の鉢へ植え替えなのです。

生物を育てると言うことは、責任重大。

そして、ドキドキするのです。
[PR]
by keen44 | 2009-09-18 23:04 | コーヒー

さようなら、Power PC

a0098864_1445341.jpg
先月末に新OSX、Snow Leopard が発売され、多くの部分が64ビット化されるなど、かなりいいOSになったようです。

しかし、Snow Leopardは、インテルMacでしか作動しない仕様であり、とうとうPower PC が切り捨てられました。

「さようなら、Power PC」なのです。

私のPower Mac G4 466 (DA) は、もともと、アップルストアで整備調整品として購入し、メモリ、ハードディスク、光学ドライブ、CPU、PCIカード、GPUカードと、交換、増設の繰り返し。OSも常時最新。それはもうフランケン状態でして、購入してからすでに8年以上の長きの間、よくもまあ現在まで最前線で働いてきてくれたと、感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな中、Newマシン、Mac Mini を購入。

さっそく使ってみると、8年間の技術の流れに驚かされます。

それはもう、ギュインギュインなのです。
[PR]
by keen44 | 2009-09-13 15:42 | Mac

20090831 狩り

a0098864_21435566.jpg
台風接近中の中、久しぶりにPSPとモンスターハンターポータブル2Gを引きずり出し、箱根へ。

途中、708と、本日の狩り仲間、ayabow夫妻を拾い、温泉天山へ向かう。

台風接近中で、平日って事もあり、各座敷はガラガラ。
充電用のコンセントも沢山あるし、ここはモンスターをハントする狩人たちのパラダイス。
座敷の外は雨模様だが、逆に濃い深緑の森を引き立たせ、川のせせらぎが気持ちいい。

そんな中、風呂入って、狩って、食って、風呂入って、狩って、食っての繰り返し。
いやー、たまらん。

こんなぐーたらな一日は、なかなか体験できないかも。
結局朝から晩まで、14時間温泉に居たとさ。

しあわせ〜
[PR]
by keen44 | 2009-09-01 22:08 | ひとりごと