アサイ?フカイ?

<   2013年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

山頂でコーヒーを飲みモネを観に行くツー2

a0098864_2083123.jpg
大野山を下っていく708さん。

a0098864_2085676.jpg
御殿場を経由して箱根スカイライン。
ツーリンググループや往復する走り屋がたくさん。
ほんとに今日は平日なのか? バイクブーム到来なのか?

a0098864_2091111.jpg
このアングルからの芦ノ湖、あまり見たことなかった。

a0098864_2092816.jpg
うーん、釣りしたいw

a0098864_2095144.jpg
仙石原。
平日なのにここも沢山の人。
この時期の箱根は大人気のようだ。

余談だが、この辺りのLAWSON、エヴァの地名の新東京市の名前が付いているのに驚いた。
こんなのありなんだね。

a0098864_20103859.jpg
やって来たのはポーラ美術館。
車は駐車料500円取られるけどバイクは無料だった。しかも屋根付き。

a0098864_2011693.jpg
「モネ、風景をみる眼」という国立西洋美術館との共同企画をみに来た。
森の中にある静かで明るい美術館。

a0098864_20144529.jpg
ポーラ美術館がこれだけ多くの絵を借り入れての展示は初めての試みなのだそう。
実際に見たつみわらはすげー光が強くて印象的。
みごたえのある企画展だった。

レオナール・フジタの未発表の作品は知っている作品より明るいイメージだった。

ガラスの展示も良かった。
ガレは透明感とやり過ぎない感じ。ドーム兄弟はなんでもやったるで〜ッて感じ。ティファニーは色が特徴的。

a0098864_20113058.jpg
ミュージアムショップでおみやげ。
付箋とメガネ拭き。最近我が家は老眼鏡ブームだからw

a0098864_20127100.jpg
レストランで遅い昼食。
708さんはカレー食べてて美味しそうだった。

a0098864_20124818.jpg
美術館の周りには遊歩道がある。

a0098864_2013861.jpg
朽ちて切られちゃってたけど大木があったり。

a0098864_20134075.jpg
バードウォッチング用の双眼鏡があったり。

a0098864_20135413.jpg
距離は短いのでここに来た時には歩いてみることをおすすめする。

a0098864_2014149.jpg
夕方、いつもの天山に雪崩れ込む。
箱根は少し寒かったのでいつも以上に気持ち良かった。
食事してごろごろして閉館の夜11時までのんびり。深夜0時過ぎに帰宅したのでした。

おしまい

本日のGPSログはこちら
[PR]
by keen44 | 2013-10-31 20:56 | WR250X

山頂でコーヒーを飲みモネを観に行くツー1

このところ忙しい。
2週間ほど休みが取れてなかったのだけど、ぽっかり開いた1日を見つけてツーリングに行く。
ちょっと行ってみたい山と美術館へ。
708さんを誘ってみたら付き合ってくれるってことになり海老名で待ち合わせ。

a0098864_22385813.jpg
708さんに遅れたら先行っちゃってって言ってたけど、しっかり余裕の時間に来てるしw

まず向かうは大野山。
神奈川でもトップクラスの絶景ポイントらしいのだ。

a0098864_2239545.jpg
大井松田で東名を降り、狭い山道を一番上まで登る。
駐車場にバイクを停め、このゲートからは徒歩。
といっても山頂はこの坂道を登って直ぐなので楽勝。

a0098864_22401466.jpg
うひゃ♪
ここが神奈川なのかと思わせる展望。
山頂は牧場になっている。神奈川にこの規模の牧場って他にあるのだろうか?

a0098864_22404114.jpg
南西方面を見れば、大井松田、小田原、相模湾、空気が住んでいれば三浦半島まで見えるらしい。

a0098864_2241746.jpg
北を見れば丹沢湖。
このアングルからの丹沢湖ってなかなか見れないんじゃないか?

a0098864_22435362.jpg
東側。

a0098864_22412363.jpg
そして西を見れば富士山…
って肝心の富士山隠れてるし…
ちなみに裾野の白っぽい施設が富士スピードウェイ。

a0098864_2242029.jpg
雲が無くなることを願ってJETBOILでコーヒーを淹れる。
大自然の中でのコーヒーは格別だった。はまりそうw

a0098864_22422094.jpg
山頂風景。
絶景が拝める山頂なのだけど綺麗な水洗トイレがあり、docomoiPhoneではLTEが入るという嬉しい違和感w

a0098864_22424055.jpg
お尻丸見えですよ♡

a0098864_2243089.jpg
そうこうしていると富士山現る。
日頃の行いのたまものですねw

a0098864_2244964.jpg
駐車場に帰る途中、車で追い抜いていった牧場の方が、「牛が5頭来るので気をつけてくださいね」って去っていった。
ほどなく牛さん登場。
牧場の方、気をつけてって言ってたけど、逃げ場のない俺らはどうやって気をつければいいのだ?w

a0098864_22454859.jpg
きゃー!
迫ってきた!
狭い逃げ場のない道で牛の集団がやって来る様。
これはスペインの牛追い祭りの様ではないか(笑)
柵なしでこんな間近で牛を見たのは初めてかも。

a0098864_22461326.jpg
追い抜いていったと思ったら草食べてるし。
これがほんとの道草…
失礼しました〜w

つづく
[PR]
by keen44 | 2013-10-30 23:36 | WR250X

モバイルのコンパクト化

a0098864_2191735.jpg
キャンプ道具のコンパクト化の次はモバイルのコンパクト化。
右からルーター、iPod touch 5G、友だちに化石と言われたガラケー。今まではこの3台持ち(実際には3台を充電するための大容量バッテリーも)
それが左のiPhone 5s ゴールド64Gへ。
うひょ♪
[PR]
by keen44 | 2013-10-18 21:16 | Mac

荷物のコンパクト化

a0098864_21292166.jpg
新しく買ったモンベルクロノスドーム2をテスト張りした。1の方がもっとコンパクトなんだけどバイクの場合ヘルメットとか荷物が多いので2型がベストな気がする。

a0098864_21301066.jpg
上が今まで使っていた装備。銀マット意外、山が好きだったおばさんから譲り受けたもの。
下がこれから使っていく装備。

右からシュラフ。
今までのは大きさからしてかなり高級なものなんだと思う。生存温度-30度とかいけるのではないか?
今回買ったのはモンベルの3番の中で最軽量ULスパイラルダウンハガー。
質量的に今までの1/4ぐらいか。

テント。
今までのはアライテント二人用。モンベルで言えばクロノスドーム4型相当の大きさ。おばさんが購入してから15年ぐらい経っていると思うが壊れる気配なし。さすが信頼のアライテント。日本中これでまわった思い入れのあるテント。
今回のはモンベルクロノスドーム2。理想的なバイクツーリングテントだと思う。
サイズは小型化したが劇的に変わったわけではない。そういう意味でも今までのアライテントの良さが際立ってくる。

マット。
銀マットのメリットは安いこととエア漏れしない安心感があること。それ以外はエアマットの方がメリットが大きい。
サイズ的には半分以下。

コンロ。
オーソドックスな丸型ボンベを使うコンロ。お湯が湧くまで平気で10分位上かかる。
今回のはジェットボイル。沸騰まで2分30秒。
質量は半分強と言った感じか。

というわけで今までの荷物よりもトータルで半分ぐらいの質量に出来たと思う。
これで3日間の東北キャンプツーなのに道の駅で「北海道行ってきたの?」って声かけられなくなると思う(笑)
[PR]
by keen44 | 2013-10-10 22:10 | WR250X

JETBOIL

a0098864_2231271.jpg
キャンプ道具の小型化と快適化を少しずつしていてJETBOILを買った。
クッカーの中にボンベを含むパーツすべてが収納でき、熱効率のいい構造のため500mlの水が2分30秒で湧く。
さっき実験してみたのだが、今日は気温が高いのもあるのだろうが2分30秒かかっていないんじゃないかと思うほど早く湧いた。
ティファールのガス版みたい。
いい感じだ。
[PR]
by keen44 | 2013-10-09 22:43 | WR250X

バルブ交換

a0098864_2134853.jpg
東北ツーリングから切れたままほったらかしだったライトバルブを交換した。
ハロゲンランプって色温度が高くなるとなんで価格が高くなるのだろう。
色温度が変わるだけで明るさは変わらないような気がするのだが。
バランスがいいと書いてあった下から2番めの色温度のこれにした。

そうそう、このバルブで3000円台の価格だったんだけど、世の中には1000円台10個入りなんてものも売ってる。
あまりの安さにそちらを試してみようかと思ったが、夜にバルブ切れは怖いのでやめといた。
そう考えると、ふたつ目のバイクって安心で少し羨ましい。

a0098864_214673.jpg
ライト外してケーブル、ダストカバーを外す。
写真の針金を外せばバルブが引き抜ける。
新品バルブを取り付けて逆の手順で組み付けて完了。
ライトの明るさは明るくなった気もするが、同じライトを並べ比べないと分からない。

ついでにチェーンに油をさし、キコキコ言ってたスタンドに油をさし、空気圧を少し高めにした。

週末は黒部キャンプツーです。
[PR]
by keen44 | 2013-10-09 21:19 | WR250X

みちのくひとり旅12 旅の終わり

310号を西へ走り108号を南東へ。
47号に出てまた南東へ。

a0098864_21595065.jpg
日が傾き、そろそろこの旅も終わりが近づいてきた。

a0098864_2201171.jpg
道の駅があったのでお土産買おうと入ったら、なんと昨晩、後生掛の自炊部で同部屋になったライダーさんと再開!
なんという偶然。北海道だと珍しくないんだけどねw

a0098864_2202519.jpg
ずんだそばを買った。

古川より東北自動車道に乗る。

a0098864_2204189.jpg
菅生SAで牛タン丼食べる。
タイミング悪くてお昼を食べ逃していたのもあるだろうが、凄く美味かった。

帰りの高速、栃木の表示が出てくると帰ってきた感が半端ないw
まだまだ横浜までは距離があるのにねw

日付が変わる前に自宅に到着。

今回のツーリングの最初の目的は2つ。本州最東端に行くことと川原毛大湯滝に入ること。
どちらも目的達成したし、それ以外の温泉も入れたし、鍾乳洞も2つ入り、美味しい物も食べられた。
たった三日間だったけど凄く充実したバイク旅となったのであった。

最終日のGPSログはこちら

おしまい
[PR]
by keen44 | 2013-10-05 22:50 | 201309東北

みちのくひとり旅11 川原毛大湯滝

秋田自動車道から湯沢横手道路へ。
須川インターで降り51号線を南東へ。
目指すは滝自体が温泉になっていると言う信じられないワイルドさの川原毛大湯滝。

a0098864_21205335.jpg
気をつけていれば標識が出ている。
道は狭くなるが迷うことはない。

a0098864_21212161.jpg
駐車場到着。
原チャリ2台で来ていた老夫婦の旦那さんとしばし雑談。
台風の影響でお湯が温くなってるそうで、旦那さんは滝まで降らないで途中のところで入ってきたのだそう。
奥さんの方は今、滝まで行って浸かってるそう。

a0098864_21213976.jpg
遊歩道入口。ここからは歩き。

a0098864_21215871.jpg
駐車場の旦那さんはここで入ったんだと思う。
熱湯注意の看板があるように、普段はゆでダコになるくらい熱いようだ。

a0098864_21221745.jpg
歩く。15分くらい歩くかなぁ。

a0098864_21223155.jpg
おお!木々の向こうに見えてきたよ!

a0098864_21225649.jpg
キター!
普通に大きな良い滝。
この水全てが温泉だとは!凄すぎ!

滝に到着した時、ちょうど老夫婦の奥さんが帰って行くところだった。
やっぱり少しぬるいって言ってたけど浸かってる事は出来るって。

a0098864_21232736.jpg
ヤッホー♪

さっそく着替えて突入!
ほんとだ、少しぬるいw
でもきもちい〜♪
ちなみに海パン着用がルールのようです。

滝壺2つ、流れのあるところ、色々移動して楽しんだ。
お湯は強い酸性のようで傷があるとしみるらしい。
滝の飛沫が目に入るとかなりしみる。

a0098864_21235367.jpg
いやー、凄かった。
こんなにワイルドな温泉はそう無いだろう。

a0098864_21242265.jpg
51号に戻り310号へ。川原毛地獄。
ここへは遊歩道で川原毛大湯滝と繋がっている。

a0098864_21243732.jpg
そこいら中から煙が出てる。地獄っぽいねw

a0098864_21245365.jpg
森のなかに白い山がぽんとある光景はなにか不思議な感じ。

つづく
[PR]
by keen44 | 2013-10-04 21:59 | 201309東北

みちのくひとり旅10 蒸ノ湯

a0098864_22305391.jpg
朝一やって来たのは後生掛からすぐの蒸ノ湯。500円払って露天朝風呂へ。

a0098864_22311172.jpg
うわぁ、すごっ♪

a0098864_22313415.jpg
女湯

a0098864_22315495.jpg
男湯

a0098864_22323095.jpg
温泉がそのへんからグツグツ湧いてるし。

a0098864_22325189.jpg
入り口別だけど混浴。

a0098864_2233924.jpg
ここって柵無い方が開放的だよね?

a0098864_22334638.jpg
岩盤浴もある。

a0098864_22342952.jpg
さて、どれに入る?
男湯に決定!

a0098864_22362632.jpg
開放的♪

a0098864_22345446.jpg
ヤッホー♪

a0098864_22364436.jpg
温泉に浸かりながら撮影。

男湯どころかこの広い敷地全部貸切状態。

絶妙な陽気と天気。

聞こえるのは小川と温泉と風の音だけ。

やばい、朝から幸せ過ぎますです♪

ふはぁ〜〜〜

一時間ぐらいのんびりした♪

a0098864_223732.jpg
アスピーテライン!
素晴らしい温泉のあとに素晴らしい道。ほんと来てよかった。

a0098864_22371812.jpg
本当は341号を南下して田沢湖方面に出る予定だったけど崖崩れで通行止め。
台風の影響がかなりあった。

a0098864_22373553.jpg
松尾八幡平から東北道を南下。北上ジャンクションから秋田自動車道へ。
錦秋湖SAでおやつタイム。

つづく
[PR]
by keen44 | 2013-10-03 23:04 | 201309東北

みちのくひとり旅9 後生掛

a0098864_23112271.jpg
キャンプ場に変わる宿泊場所を考えているとビジターセンターの方が湯治部のある温泉をすすめくれた。
湯治部といえば自分の中では伝説の湯治部となっている玉川温泉が思い浮かぶ。
しかしすすめてもらったのは後生掛温泉。
ここは行ったことのない温泉で前から少し興味があったので今回はこちらに行くことにする。
電話で予約をとってもらった。

a0098864_23114853.jpg
湯治部入り口。

a0098864_2312182.jpg
建物の裏手すぐにはモクモクと湯気が。

a0098864_23124140.jpg
湯治部内部。
ここの湯治部の床はオンドルと言う地熱を利用した床暖房が完備されている。
なので冬でもTシャツ一枚で過ごせる暖かさ。
がしかし、今は9月である。
猛烈に熱いのである。
そしてなんと夜は強制的に窓を閉め、換気扇を止めなければならない。何かの拷問のような気もしてくる(笑)

先客は年配の方が2人居て自分がやってきた。少しあとからバイク乗りの方が一人やって来てこの大部屋は合計4人での使用です。
バイク乗りの方は俺と同じくキャンプ場がクマ出没で宿泊できないのを知ってこに来たのだそう。
同じバイクキャンパーと言うことですぐに意気投合。
一緒に温泉に入る。
お湯は白く濁ったお湯。泥湯などいくつかのお風呂が揃っている。
のんびりスッキリしました♪

a0098864_2313247.jpg
炊事場。
俺はいつものキャンプスタイルのレトルト温めディナー。
その後同部屋のお母さんに一緒に食べようと誘われ、おかあさん、俺ともう一人のライダー、そしてどこからともなく現れた2人の方と宴会♪
ほとんどライダーハウス状態(笑)

9時ぐらいになるとおかあさんは寝の体制に入ったのでその後はバイク乗りの方とツーリング談義。
岡山の方で10日間ほどの東北ツーリングに来ているのだそう。
ルートやテントを張った場所、温泉の話題など話は尽きない。
11時ぐらいまで話ししちゃった。

a0098864_23132696.jpg
オンドルの熱さと闘いながらそれなりに寝ることが出来、朝を迎える。
写真は旅館部入り口。
ここの向こう側へ遊歩道が伸びている。ちょっと早朝散歩。

a0098864_2313481.jpg
モクモク

a0098864_23572015.jpg
泥火山。

a0098864_23145748.jpg
こんな風に山状になっているのは珍しいらしい。

a0098864_23151628.jpg
泥火山での日の出。

a0098864_23153132.jpg
遊歩道のそこいら中でぐつぐつ、ボコボコ。

a0098864_23155081.jpg
宿まで帰ってきた。

バイクに荷物を積み込み、最後の荷物を取りに湯治部大部屋に戻ると同部屋のお母さんが真顔で、
ちょっと話がある。こっちに来てって言う。
俺、何かしでかしちゃったか?!

おかあさんが、ちょっとこれを見てって炊事場を見るように言われる。
こういうところってルールがあるからきっと何かいけないことをやっちゃったのだろう。
やばいなー(汗)

a0098864_2316658.jpg
朝ごはんを作ってくれていたのでした(笑)
朝は食べないと元気でないでしょ。子供さんもいるんだからそのためにも元気でいないといけないでしょ。食べなさいって(笑)
簡単なおかゆでしたが美味しくいただきました♪
時間的にすぐに出発したかったんだけど、ま、いっか(笑)

ここまでのGPSログはこちら

つづく
[PR]
by keen44 | 2013-10-03 00:11 | 201309東北