アサイ?フカイ?

チェーンの洗い方

a0098864_21362571.jpg
今まで、街乗りバイクのチェーンを洗った記憶がない。
給油はこまめにしていたけど、汚れはチェーンオイルと共に、それなりに飛んでいってしまうからだ。
しかし、ここ数年、オフロードを走るようになると、とてつもなくチェーンが汚れることが多くなってきた。
前回使っていたチェーンが、ひどい片伸びや、日帰りツーリングしただけでチェーン調整が必要なぐらい伸びた原因も、ここにあるのではないか。

でも、シールチェーンって、どういうふうに洗えばいいのか、いまいちよく分からない。
ロードレースをしていた時は、ノンシールチェーンだったので、灯油でジャバジャバ洗った記憶がある。
しかし、ネットを見ると、シールチェーンは、シールを痛めるので、灯油で洗ってはいけないと言う方が多い。なので、ちゃんと、チェーンクリーナーを使えと。
でも、チェーンクリーナーはそれなりの値段はするし、だいいち、チェーンオイルを溶かしてしまうクリーナーって、そもそも灯油よりも、本当にシールを傷めないのだろうか?

ここまで書いていて、みなさんは気づいているでしょう。
私は、灯油でチェーンを洗いたいのだ。とてもとても(笑)

ここで、決定的な判断材料を見つけたので書いておく。
WRのサービスマニュアルで、チェーンメンテのページに、チェーンは洗油で洗う事とあるのだ。
洗油とは、通常灯油の事。

私は、根拠の分からないネット上の書き込みより、ヤマハを信る。

今日、灯油でチェーンを洗ってみた。

走っていないので、結果は分からない。
だが、きっと何も起こらないだろう。いや、洗わなかった時より、寿命は伸びるだろう。
じゃないと困る。

最後に、江沼チェーンのインプレ。
3,000キロ走って、初期伸びも含め、ほとんどチェーンの伸びは無し。
とても気に入った。次回も江沼にする。
いや、他メーカーチェーンも同じぐらい高性能でしょう。
単に私の中で、江沼ブームって事だ(笑)
[PR]
by keen44 | 2011-11-02 22:27 | WR250X