人気ブログランキング |

アサイ?フカイ?

三浦ツー2 星山温泉に浸かる

施設の見た目と違い、オーナーの男性の方はとても丁寧な対応をしてくれる。

温泉の説明を聞き、実際に浴槽を見てから入浴を決めて下さいとの事。
自分は、すでに入る気満々だったので見ないでも良かったのだが、浴槽を見させてもらう。

a0098864_20133222.jpg
浴槽は、右側の青い小屋の中だ。
本当は浴室が2つあり、ひとつは薪、もうひとつはボイラーで沸かす。しかしボイラーは壊れてしまい、薪風呂のみの営業。敷地内に積まれている木材は、この温泉を沸かす燃料なのだ。

a0098864_20134641.jpg
浴室。とても家庭的な雰囲気w
右側には時計台、左側には海の、お世辞にも上手とは言えない手書きのイラストがある。浴槽は昔ながらの家庭用ステンレス浴槽。
異次元のロケーションにテンションは上がるばかり。

オーナーさんが、どうしますか?入りますか?と聞いてくる。
答えは決まっている。もちろん入ります。てか、入らせてください!
料金の500円を払う。その時に補助券が貰え、10枚集めれば1回無料で入浴できる。大切に保管しなければ。

a0098864_20135067.jpg
星山温泉、入浴!

おぉぉぉ、なんだこのヌルヌル感!いいぞ、いいぞ。
逗子で、こんなにいいお湯にめぐり逢えるなんて!

ここのお湯は、ボーリングした場所から汲み上げたph9ぐらいのアルカリ、水温10数度の鉱泉を薪で沸かして使っている。お客さんが入浴中は、オーナーさん自ら薪をじゃんじゃか炊いてくれるのだ。すぐに熱くなるので、蛇口をひねり、水をじゃんじゃか足しながらの入浴になる。
そしてこの蛇口から出る水が、汲み上げた鉱泉そのものなので、実質かけ流し状態になる。何とも贅沢ではないか。

お湯の色は透明に見えるが、うっすら紅茶色に見える。よく匂いを嗅いでみると、硫黄の匂いがするそうだが、自分には分からなかった。冷たい鉱泉を足していくと、ヌルヌル感が少し薄らいだ気がした。このヌルヌル感が出るには、温めてから、少し時間が必要なのか?そんな事があるのだろうか?

a0098864_20143598.jpg
温泉から上がり、施設内を見せてもらう。ここで鉱泉を沸かしている。

a0098864_2014833.jpg
この井戸から鉱泉を汲み上げていると思われる。

a0098864_2014162.jpg
今は使われていない多目的ルーム。この建物が建つ前、ここは池だったのだそうだ。

a0098864_20142160.jpg
内部。
カラオケで賑わっていたらしい。

a0098864_20142785.jpg
もうひとつの小屋。こちらはまだ現役なのだが、ほとんど使う人はいないらしい。

a0098864_20144610.jpg
温泉から上がり、オーナーさんと沢山話しをした。

この温泉は見た目のインパクトが強烈すぎて、色物的な目線で見てしまいがち。自分もそのひとりだった。
しかし。お湯はとても素晴らしいものであり、オーナーさんはそのお湯を定休日以外、毎日沸かし、管理している。オーナーさんの対応もとても丁寧である。
良い意味でも悪い意味でも、こんなに素晴らしい温泉があるだろうか?
末永くこの温泉が存続することを願うばかりである。

a0098864_20145725.jpg
来た道を戻り、星山温泉を後にするのだった。

つづく。
by keen44 | 2012-11-30 21:33 | WR250X